サボり癖はトマトで倒す! ポモドーロ・テクニックというものを試してみた – script life 千夜一夜

サボり癖はトマトで倒す! ポモドーロ・テクニックというものを試してみた

ポモドーロテクニックで高い生産性を手に入れる!

 どうも、「25分の作業と5分の休憩を繰り返して仕事を進めるテクニック」のよう。

昨日こういう記事をみつけて、へーと思って試してみたらばこれは捗る。

ポモドーロ・テクニックとは

今日から始める生産性アップ術。ポモドーロ・テクニック再入門ガイド

によると、

  1. 達成しようとするタスクを選ぶ
  2. キッチンタイマーで25分を設定する
  3. タイマーが鳴るまでタスクに集中する
  4. 少し休憩する(5分程度でOK)
  5. ステップ2~4を4回繰り返したら、少し長めに休憩する

というサイクルを繰り返すもの。

ポモドーロとはイタリア語で「トマト」の意味。なのでイメージ画像がトマトだらけですね。

 始めるには最低限キッチンタイマーがあれば充分な感じですが、私はアプリを見つけてきて使ってみています。

Clockwork Tomato (Android)

職場で音を鳴らすわけにはいかんので消音してますけど、タイマー出しっ放しで横においておいて、たまにチェックする感じ。

気がつかないほど集中してたらそれはそれでよしと思って。

その効果は?

 そういうわけで一日試してみたのですがだいぶ捗ります。

個人的に捗るポイントは、

・25分間だけがんばるという意思

 要は鉄棒の懸垂を続けるコツみたいなので、たとえば10回が目標なら「10回やる」というより、「あと1回、あと1回」と繰り返した方が捗るというやつです。

8時間は無理でも25分なら乗り越えられる…

 あと25分開始したときに、「あーやるかー」って意識がそっちに向くので、やる気スイッチ敵効果もあり。

・必然的にタスクが細かくなる

 作業時間25分という区切りができるため、逆に作業内容を「25分でできること」に分解する必要が出てきます。

プログラマ(だけじゃないかもだけど)仕事というのは、大きな作業を小さなタスクにして片付けていくわけで、その区切りを意識するのにちょうどいい。

必然的に、少しずつ仕事が進むことになります。

・気持ちよく休める

 25分の仕事をしたら5分の休憩。このメリハリがああ休んでもいいんだという休みにつながります。

といっても職場で自主的にやってることなので、誰はばかることなるぐったりできるわけではないですがw

区切りの付いたときに一息いれたりとかはあると思うのですが、その区切りを定期的に作り出すような感じですね。

トマトすごい!

スポンサーリンク
medi8
medi8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
medi8

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)